杉並区の方に
SEO対策とホームページ制作中小企業、個人事業主/事務所、店舗/商店など幅広く

ホームページ制作 200,000円~
SEO対策 100,000円~

当方は個人事業主のため、様々な経費をおさえながらやっていますが、なによりもデザイン、コーディング、SEO対策を一手に受けられるため人件費がかかっていません。安い納得価格で、お客様に満足していただけるように迅速な対応を行いながら伴走させていただきます。

杉並区の中小企業、個人事業主/事務所/フリーランス、店舗/商店、飲食店、美容院、不動産、士業(弁護士、司法書士など)、病院(医者)などなど、自サイトのデザインをいい感じにしたい!という方はもちろん、ホームページで少しでも集客したい方もぜひご相談ください。SEO対策は特殊な知識が必要です。

作り上の基本的なSEO対策はホームページ制作の料金に含まれます。それとは別に特定のキーワード対策など高度なSEO対策を行う場合にSEO対策の料金がかかります。ホームページをお持ちの方のSEO診断、コンサルティングのみも承っております。開業キャンペーンで事前に無料で簡易診断したうえでの1時間の無料オンラインMTGも実施していますお気軽にお問い合わせください!

070-3784-5716

新規案件のご相談は平日9:00~17:00


杉並区は中央線では荻窪駅、高円寺駅があり、井の頭線では浜田山駅、永福町駅などです。2021年10月1日のデータで人口が587555人、東京にある市区町村の中で6番目に人口が多いエリアです。人口密度で見ると13番目で、閑静な住宅街が多いといったところでしょうか。

荻窪駅は丸ノ内線の始発地点でもあり、交通の便が良いと言えます。

世田谷区と並び、東京23区で住みたいエリアに当たる地域でしょう。


杉並区の
SEO対策とホームページ制作14ジャンル別上位分析結果

BringFlowerは、お客様のご要望に合わせて様々なデザインテイストに取り組ませていただきます。事前にお客様のデザインのお好みをできる限り把握することが重要です。以下に杉並区のホームページにおいて、どのようなサイトがGoogleの検索結果上位にきているのかを調査した結果について、上位の理由の考察も織り交ぜながらご紹介します。ここで挙げるものでなくとも「このようなサイトにしたい」というのがあると、すり合わせがうまくいきやすいと思います。
当方はこの自らのサイトを実験台としつつ、このような事例調査も通して上位にくるサイトの条件、何が違うのかを常にウォッチし、熟知しています。

「杉並 塾」
Google検索結果 4

引用:https://nagami-prepschool.co.jp/

とても良いデザインですね。私の好みです。競合に当たるような他の塾から紹介されるというような割と良い被リンクをもらっているので、それもあってそこそこ上位表示されているのかもしれません。

あとは人気で、よく閲覧されているというのもあるかもしれませんね。

「杉並 体操教室」
Google検索結果 5

引用:https://herokids.amebaownd.com/

titleに地域名が書かれてないのでもったいないですね。杉並区の役所のホームページから被リンクが張られていたりするので、それでそれなりの評価を得ているかもしれません。

「杉並 司法書士」
Google検索結果 6

引用:http://www.kamata-rightchord.jp/

SSL対応もスマホ対応もされてないサイトです。「杉並 司法書士」でSEO対策がされているサイトが少ないということだと思います。

例えば「荻窪 司法書士」だと結果がだいぶ違います。やはり駅名ですよね。

「杉並 ピアノ教室」
Google検索結果 3

引用:https://pianosalon-suginami.com/

titleに「荻窪」と「杉並」の文字を入れていて、ブログにピアノのノウハウが書かれている。SEO対策をしっかりと行っている印象です。

構造化マークアップもしっかりと行われています。ちゃんとしたWordPressのテーマを用いてご自分で制作している感じがしますね。ファビコンがないです。

「杉並 カフェ」
Google検索結果 12

引用:https://www.suginamikoukaidou.com/about/cafe/

title属性の値が「カフェ|杉並公会堂 公式サイト」で、おそらく「杉並公会堂 公式サイト」が常にtitleに入る形になっていて、「カフェ」の部分はページ固有の名称になっている形です。狙っているわけではないけど「杉並」と「カフェ」が両方入っているので上位に入っています。

「カフェ」だと「杉並」のように広い範囲で探す人は少ないので、狙っているお店自体が少ないのだと思います。

ちなみに「荻窪 カフェ」だと5400件/月の検索ボリュームがありますが、そちらも10位以内に入っているお店はないですね。比較サイトばかりです。

「杉並 不動産」
Google検索結果 1

引用:http://sugifu.boy.jp/

名称が「杉並不動産」だから1位です。以上です。例えばこのサイトはSSLに対応されてません。その時点で、トータルでSEOにおいて望ましい内容になっているとは言えません。

名称はSEOにおいて重要です。これはGoogleにとって改善の余地あると思うんですけどね。「杉並 不動産」は「杉並不動産」を探しているケース少ないでしょう。

「杉並 家具」
Google検索結果 5

引用:https://www.koma.tokyo/location/

title属性の値に「杉並」が入っておらず、またトップページでもない。ただ、杉並の店舗紹介のページで、所在地とアクセス情報として、『荻窪駅』と書いてあります。

これはまず、titleに「杉並」や「荻窪」と書けばさらに上位に上がるでしょう。

興味深いのは、Googleの地名での検索に対する精度が増していると感じること。所在地を見極める精度が向上していると感じられます。

このお店良さそうですね。一度行ってみようかな。

「杉並 パーソナルジム」
Google検索結果 3

引用:http://www.maroon.dti.ne.jp/improve-asagaya/index.html

「杉並区 南阿佐ヶ谷駅 徒歩1分」とtitleに書かれています。「南阿佐ヶ谷 パーソナルジム」だと1位。中身を見てもどうしてかわからず、被リンクチェックをしたらやたらと不思議な被リンクがありました。うーん。そのうち落ちるかな。SSL対応はした方がいいですね。

「杉並 弁護士」
Google検索結果 1

引用:https://suginami-law.info/

名称が「杉並総合法律事務所」で「杉並」が入っている、というだけです。
このように、名称はSEO対策においてとても重要です。

「杉並 美容院」
Google検索結果 12

引用:https://koizumi-hair.com/

title属性の値に「杉並区 南阿佐ヶ谷 美容室」と入っていて、最低限SEOを意識できている感じです。他に特段目立った有効な策は見られません。それで比較サイトなどを除く実店舗では最上位。

美容院は今、ホームページで集客してないですよね。SNSが主体でしょうか。

ちなみに、「美容院」と「美容室」は同義語としてGoogleがみなしてくれてます。なので、「美容院」と検索しても「美容室」しか記載されてないサイトは上位に表示されます。

「杉並 税理士」
Google検索結果 1

引用:https://sanotax.info/

こちらはコラムもしっかり書かれていて、SEO対策をされてます。画面上のh1には「杉並区阿佐ヶ谷の~」と書かれているのに、titleには「杉並区で~」となっているので、titleにも「阿佐ヶ谷」を入れた方がいいいですね。

h1に入っているので、「阿佐ヶ谷 税理士」でも3位ですが、titleにも入れるということをするだけでそちらも1位になるかもしれません。

「杉並 歯医者」
Google検索結果 5

引用:https://www.kawakatsu-dental.com/

title属性の値に「荻窪」「杉並区」というターゲットキーワードをしっかり入れられています。それに加え、医院紹介、医院の特徴、症例がしっかり書かれているために、それなりに上位に表示されています。ただコーディングは古く、改善の余地はあります。当方ならさらに上位が狙えると思います。

「杉並 動物病院」
Google検索結果 2

引用:https://mc.aeonpet.com/tamc/

このページの注目すべきはトップページではないということ。トップページは次のURLです。https://mc.aeonpet.com/

それでもトップページにtitle属性の値に「東京都杉並区の動物病院」とターゲットキーワードをしっかり入っているので、上位に表示されます。

グループの病院が全国各地にあるようで、それぞれにもちろん医師や、紹介内容は異なるので重複コンテンツにはなっていません。ドメインが異なる場合がありますが、それはそれで、これだけ内容が異なれば良質な被リンクとしてみなされることになります。

これは興味深い、勉強になる事例と言えます。

「杉並 ダンススクール」
Google検索結果 1

引用:https://www.studio-heartbeat.com/

titleに「杉並」と入っているわけでもないですが、1位です。構造化マークアップは実装されてないなど、特別にSEO対策に力を入れているわけではありません。コンテンツがかなりしっかりしているのと、インストラクターが多く、しっかりしたスクールのようなので、おそらく閲覧数が多いことなどが強い理由だと思われます。