資産となるホームページを

SEO with BringFlower
will bring you flowers.

リニューアル後3日で2ページ目から1位

reason

サイト立ち上げ後1年半で33,000PV

reason

ターゲットキーワード1位獲得事例多数

reason

資産となるホームページ作りに
頼れるパートナー

BringFlower

資産となるホームページ作りに
頼れるパートナー

BringFlower

世界をまたにかけて長年培った経験と圧倒的な知識で、
お客様にご満足いただいています。
当方は品質高く、コストをおさえたご提案が可能です。
マニアックと呼ばれるまでのSEOに対する知識を有します。

世界をまたにかけて長年培った経験と圧倒的な知識で、
お客様にご満足いただいています。
当方は品質高く、コストをおさえたご提案が可能ですので、
料金だけで選んでしまい、
結果的に高くついてしまわないよう
ご提案をさせていただきます。

検索結果の上位獲得事例多数
Search Engine Optimization

SEOの実績例1
「八王子 パーソナルジム」
SEOの実績例2
「横浜 〇〇士」
SEOの実績例3
「〇〇 おにぎり」

当サイトは「SEO対策 制作」などで1位です。

FAQよくある質問

ウリはなんですか?

後述する圧倒的なベースの作りの良さと、それをベースにしたSEO対策、さらにデザイン、コーディングまで一手に受けられるため安定した高品質と、スピーディーな対応。
つまり、早い、安い、質が高い。といえます。

料金は何で決まりますか?

ページ数は一つの目安です。ただ、ブログなど定型的なデザインに文章を流し込む形の部分は料金をおさえることができます。
機能は、複雑なものほど料金は増していきます。例えば検索機能を設けるとした場合、1つの条件のみでの検索であればお安くできますが、 2つ以上の条件を組み合わせる場合はそれに比べて実装することが増えるなどです。
自社で編集する部分をどこまで広げるか、というのも料金に関係します。
そのため、お話をしてみないとお見積りは難しく、ご予算とご希望をお伺いして、極力ご希望に合ったご提案をしたいと考えています。

運用はやってもらえますか?

当方制作のサイトについては実施します。基本的なSEO対策のチューニング、アドバイス、サーバー管理、ブラウザなどのバージョンアップなどによって不具合が起きた時の迅速な対応、お客様からのご質問に答えることを5,500円/月、軽微な変更依頼への対応がある場合は+5,500円/月で実施いたします。
定期的な更新をご依頼の場合、都度お見積もりもできますが、22,000円~/月でお気軽にご依頼いただけるプランもございます。

Features特徴

一手に受けられる「ひとり法人」で
低コスト高品質

  • SEO対策
  • デザイン
  • コーディング・開発

ホームページの制作委託を検討される際は、上記のうちどれか一つでも外部に委託しないか、そもそもSEOに関してはどのくらい考慮するかを確認いただくことをおすすめします。
SEO対策は常に最新の情報をウォッチしている必要があり、得意としていないところも多いため、お客様からご相談を受けるようなサイトをチェックすると、ひどい状態になっています。
そうなる前に、制作時点でSEO対策まで意識したベースを作れるところに委託すべきです。SEO対策の基本がなされているかどうかだけで、ホームページからの集客数は格段に変わることもあります。
SEO対策はWeb技術の標準仕様をしっかりと意識しているかどうかということと、実質的にはGoogleの最新の動向に合わせていく必要があります。
ホームページ作成の要の技術であるHTMLとCSSの標準仕様は、以前はW3Cという団体が定め、HTMLは現在WHATWGという団体に受け継がれて引き続き検討されています。BringFlower(ブリングフラワー)で対応する専門家は、W3Cが定める仕様策定に関わった経験もあります。

当方は、SEO対策のスペシャリストであるだけでなく、デザイナーでもあり、エンジニアでもあります。一手に受けるトータルソリューションのため低コストの上に分業の場合に比べて品質のばらつきが生じにくく、かつスピーディーな対応が可能です。ご希望や、案件規模によっては外部との連携も行います。信頼できる連携可能なパートナーがいます。

圧倒的なベースの作り
そのベースでコンテンツSEO

※Google評価ツールLighthouseによる評点がトリプル100点

Googleは検索結果の表示順をほぼ機械的に判断しています。人の目で見て判断しているわけではないので、いかに内容を正しく、わかりやすく機械的に伝えるかが重要です。これは、目の不自由な方が用いるスクリーンリーダーでの利用しやすさが重要となるウェブアクセシビリティという分野と通じます。「ホームページを利用している全ての人が、心身の条件や利用する環境に関係なく、ホームページで提供されている情報や機能に支障なくアクセスし、利用できること」というのが外務省のホームページで記されているウェブアクセシビリティの定義です。当方は、国も参画するウェブアクセシビリティ基盤委員会の委員を務めていたこともあります。ウェブアクセシビリティに関わる規格としてW3Cが定めるWCAG2.1と呼ばれる世界的ルールと、それに基づいた「JIS X 8341-3」があります。専門的な知識が必要になるこれらについて当方は熟知しており、それに留まらず、そもそもどうあるべきかということまで標準である程度念頭に置きながら制作を行っています。※厳密に規格に対応するには別途お見積りが必要にはなります。
ベースの作りはたいして重要ではないという意見を目にすることがありますが、それはコンテンツの重要さと比べての比率の問題であれば同意、そうでないとすれば、大きな間違いです。ベースが悪ければ、コンテンツを頑張っても文字通り「台無し」です。当方は、しっかりとしたベース制作のノウハウに加え、コンテンツSEOターゲットキーワードの策定、ロングテールキーワードからビッグキーワードまでを狙うプロセスの確固たる知見、Googleが気にする検索意図、潜在ニーズの分析に関する長年培ったノウハウまでを持ち、それらによってお客様からの信頼を得ています。

コミュニケーションを取る相手が
すべて担当

多くのホームページ制作会社は、外部に委託してなかったとしても、お客様とコミュニケーションを取るディレクター自身では制作を行っていません。
その場合、お客様がおっしゃったイメージが制作者に伝わらなかったり、技術的な質問の回答に時間がかかったりするリスクがあるといえます。
BringFlowerなら伝言ゲームになりません。私自身、お客様の声を直接聞くことへのこだわりがあり、あえてこの形態を取っています。

要件定義において考えるべき「本当に顧客が望むもの」をご覧いただけるとより詳しくわかると思いますが、お客様が何を望んでいらっしゃるか、事業に貢献するにはどのような対策が望まれるか、分析するために私はお客様の生の声を聞くことにこだわりますウェブはマニアックな世界で、自社に専門家を置くか、そうでなければ相談する相手が必要です。大きな企業に委託すれば、誰が担当するか分かりませんし、一定期間同じ人であったとしても、異動や退職など何らかの理由で変更になるリスクは高いと言えます。

BringFlowerはお客様の「伴走するパートナー」となり、「事業貢献する」ことをめざします。

スマートフォンファーストの
レスポンシブデザイン

BringFlowerは、標準でレスポンシブデザインです。試しに、今ご覧になられているこの状態で、ブラウザの幅を伸び縮みさせてみてください。レスポンシブデザインを標ぼうしていても、このようにスムーズに可変になるホームページばかりではなかったりします。
ホームページを閲覧する際に用いる端末は2017年の総務省「通信利用動向調査」によると20~30代で90%を超え、60代でも半数を超えます。2021年の不動産情報サイト事業者連絡協議会による不動産情報サイト利用者意識アンケート」調査結果では、回答者全体平均で91.8%を超え、60代以上で62.7%となっています。実際、学生をターゲットにしたホームページはGoogleアナリティクスで見ると、約98%がスマートフォンでアクセスされていることもありました。Googleはこのような状況も鑑みて、検索結果表示順位の評価基準として、スマートフォンでの見やすさを重視しています。ホームページ制作依頼者側の確認環境、および制作会社側も制作環境がPCのため、スマートフォンへの意識が薄れがちになるという課題がありますが、当方はスマートフォンファーストの考え方で、いかにスマートフォンで見やすく、目的の情報が探しやすく、スムーズに問い合わせができるかを考えながら制作を行います。

WordPressの活用で、
ご自分で簡単に編集できるようにします

SEO対策の重要なことの一つに、継続的にサイトを更新するということがあります。サイト閲覧者にとって、最新で価値のある情報が蓄積されていくことが重要であり、情報が古いままで放置されていると徐々に掲載順位は下がります。そのため当方は、お客様のご指定がなければWordPressという国内シェア80%を超えるホームページ作成用ソフトを用いてサイト制作をさせていただくことをご提案します。これにより、HTML等のコーディングの知識がなくとも、当方オリジナルのSEOに強いベースのテーマでブログの更新が可能となりますブログ以外もご指定部分についてはお客様側で継続して編集できるようにできます。
もちろん、サイト制作後の継続的な運用支援も行わせていただくことは可能です。

※ WordPressを利用せずにサイト制作を行うことは当方もできますので、 ご指定があるかをまず確認させていただきます。

人間中心設計専門家としての
経験豊富で質の高いUXデザイン

当方は人間中心設計専門家の資格が策定された2010年からその資格を所有し、活動していました。
その後2018年に転職、事業開発をミッションとする部門で企画からお客様のサポートまで幅広く実践、1000を超える集客を目的としたサイトについて分析を行うという経験を経て、2022年の3月に独立しました。
事業においては、UX、ユーザビリティが大事だと思っていますし、そのことを実感もしてきています。
検索結果順位を決めているGoogleは「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる」という理念を先頭に掲げていますので、ウェブサイトのUXはSEOに直結します。

参考:
ページエクスペリエンスのGoogle検索結果への影響について

UXの定義は広義で、当方は広義のUXデザイン支援も行わせていただくことは可能ですが、例えば次に示すようなテキストボックスを発想し、デザイン、開発も可能です。このような細かい気配りまで実施します。

テキストボックスに桁を数えるのが大変なくらいの数字を入力してみてください。

CONCEPTコンセプト

ホームページで集客

ホームページ(ウェブサイト)での集客なら
BringFlowerにお任せください。
ターゲットユーザー(ペルソナ)を想定し、
そのユーザーの思考プロセスまで踏まえた
最適かつ美しいデザインを模索します。

人間中心設計専門家としての豊富な経験を踏まえた、
実践的なUX向上施策支援、
UXデザイナー/UXリサーチャーの育成支援を
行うサービスもあります。

  1. 得たい情報がある
  2. 検索する(検索ワードを模索する)
  3. アクセスする
  4. 興味を持つ
  5. サイトを回遊する
  6. コンタクトを取ろうと思う/購入・申し込みを決める
  7. 問い合わせる/購入・申し込みする

開業して1年足らずにして、現在の料金帯でライバルはいないと分かりました。
まず評されるのはマニアックと呼ばれるまでのSEO対策の知識。
そして、ウェブに限らず売上アップ貢献のための事業開発、
サービスデザインに関する多くの経験を積んでおり、
様々な事業分野への理解がすでに深く、かつ早いスピードで理解を深められます。

  1. 1ターゲット確認/策定支援
    制作込の場合、デザイン方向性すり合わせ
  2. 2現状分析・市場調査
    必要に応じてターゲットの再設定
  3. 3ターゲットキーワード策定
    ペルソナ策定
  4. 4サイト設計
  5. 5デザイン/コーディング
  6. 6サイト公開後の分析、運用

STEPサイト構築ステップ

制作者自らがターゲットユーザーのヒアリングを行い、どのような人がどのようにサイトに訪問するかなど細かく分析のうえ、最適なサイト設計の模索をお客様と伴走して行わせていただきます。
このようなステップを踏むことでターゲットキーワードでの検索結果表示順位を短期間に、2ページ目以降から1位に上げるという実績とそのためのノウハウを持ちます。 BringFlowerとしてご紹介できる実績はまだ少ないですが、当方の実績としては長年培ったものがあります。

Know-How Categoriesノウハウカテゴリー

Know-How Listノウハウ一覧