製品 Products

WordPressオリジナルテーマ

BringFlowerは、お客様が自らコンテンツSEOを実践できるようにWordPressを利用してホームページの制作を行いますが、WordPressの既存テーマを利用はしておらず、オリジナルテーマをご提供します。

既存テーマは汎用的に作られており、お客様にとって不要となる機能が多く含まれ、サイトが重くなりがちです。
BringFlowerのオリジナルテーマはSEOのために考えつくされ、動作は軽く、また個々のお客様に合わせて必要な機能だけを付け足すという形を取ります。

以下に主な機能をご紹介します。

SEO強化の構造化マークアップ簡単設定

構造化マークアップというのは、Goolge、Microsoft、Yahoo!の3社が共同で立ち上げたschema.orgによって定められている仕様で、少なくともGoogleの検索結果画面に表示されることがあり、クリック率を上げる効果があります。組織情報や著者情報を伝える内容もあり、これらはE-A-TとGoogleが呼んでいる専門性、権威性、信頼性を伝えるうえで重要だとBringFlowerは考えています。

しかし、専門的であるがゆえに、そこまで考慮されたホームページはごく一部です。BringFlowerは、当然のごとく対応してきましたし、それをお客様自らが変更できるようにテーマとそのUIを開発しました。

オリジナルメニュー 使い方

※パスワードがかかっています

さらには、「記事(ブログ/コラム)の投稿ページ」に対して、「FAQ」の構造化マークアップを行えるようにしています。これを入力すると、その記事が上位に表示された場合に、検索結果画面に表示されることのある部分です。

コンテンツSEOを効果的に

ホームページは、テーマを決めて、そのテーマに関する記事を多く書くことがSEOに対して有効です。これをコンテンツSEOと呼びます。
BringFlowerは記事の作成代行も行っていますが、専門的な内容の場合は特に、お客様自ら書くに越したことはないと考えています。
本オリジナルテーマは記事ページに対して、以下のような工夫を施しています。

  • ページ滞在時間を伸ばす工夫として、見出しに応じて自動的に設置される目次
  • 他ページへの回遊性を高める狙いとして、同じカテゴリーの記事表示、記事閲覧数ランキングの表示
  • E-A-Tを示す工夫として、ユーザー情報に応じて著者情報を表示

また、記事はただやみくもに書くのではなく、どういった記事が読まれるのかを把握しながら書くことが重要です。そうすることで、感覚的に、どういう記事が見られるのかを学習していけるからです。もちろん、それを可能とするGoogleアナリティクス、GoogleサーチコンソールといったサービスはBringFlowerは無料で設置を行っていますが、専門家ではない人がそれらを読み取るのは簡単なことでありません。そのため本オリジナルテーマの管理画面では、各記事の閲覧数を日、週、月(30日間)の単位で示すようにしています。
この機能は、有料のテーマにおいて実装されているものを私は見たことがありません。理由として、データの取得方法において工夫をしないと、サイトが重くなりやすいというのがあると思われますが、本オリジナルテーマはその点も技術力でカバーし軽い状態で実現しています。

記事画面 記事閲覧数の表示

SEO強化のパンくずリスト

パンくずリストもまた、ホームページのSEOを強化する機能として重要です。上述の構造化マークアップにおいて定義もされており、本オリジナルテーマはもちろん、対応しています。
パンくずリストが重要な役割を果たすのは、以下の理由が挙げられます。

  • サイトの構造がサイト閲覧者に伝わり、サイト回遊率を高める
  • 構造化マークアップを正しく実装することで、サイトの構造をGoogle等が把握しやすくなる
  • サイト内リンクが適切に張り巡らされ、サイト内の関係をGoogle等が把握しやすくなる
パンくずリスト

セキュリティ対策

BringFlowerは、GoogleのreCAPTCHAの設定など、セキュリティ対策を標準で施し、かつ運用ご依頼時には、サイバー攻撃から身を守るための対処を行い続け、万が一攻撃されても早急な対処を行います。
最近は、問い合わせフォームに対して8から始まる番号によるスパムメッセージが送られるケースがあり、その番号に電話をかけてしまうと詐欺にあう可能性が考えられます。
そのため本オリジナルテーマでは、8から始まる番号をはじく設定を可能にします。

セキュリティ対策