家具のSEO対策事例14ジャンル別調査結果

BringFlowerは、SEO対策で圧倒的結果を残しています。その背景には、このような地道な調査を通して、どのようなサイトが上位に表示されるかを肌で常に感じ続けていることがあります。以下に家具のホームページにおいて、どのようなサイトがGoogleの検索結果上位にきているのかを調査した結果について、上位の理由の考察も織り交ぜながらご紹介します。ここで挙げるものでなくとも「このようなサイトにしたい」というのがあると、すり合わせがうまくいきやすいと思います。
家具においては、「地域名 家具」をターゲットキーワードに据える重要性、状に表示されたときの効果が非常に高いと言えます。
当方はこの自らのサイトを実験台としつつ、このような事例調査も通して上位にくるサイトの条件、何が違うのかを常にウォッチし、熟知しています。

「新宿 家具」
Google検索結果 3

引用:https://www.idc-otsuka.jp/showroom/shinjuku

「新宿 家具」で比較サイトを除く最上位はさすがの「大塚家具」でした。むしろ、さすがに1位かなと思いながら確認したら3位でした。ただこれはですね、とても簡単な方法でたぶん1位になります。

「練馬 家具」
Google検索結果 6

引用:https://abf-kagu.com/shoplist/%E3%88%B1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2%E5%8C%97%E6%AC%A7%E7%B7%B4%E9%A6%AC%E6%9C%AC%E5%BA%97/

本店が福岡県にあって、かなり店舗数の多い大きなところのようですね。すごくしっかりした作りかというとそんなことないというのが正直なところですが、それなりにドメインパワーがあるので上位にきてます。URLに漢字が入っているのは、SEOには関係ないですが、メールなどにコピペすると文字化けするのであまり推奨されません。

「港区 家具」
Google検索結果 1

引用:https://www.youtube.com/watch?v=kAwJ5T1ZdyI

1位は港区のホームページで、こちらもお店ではないのですが、お店が上位にこないのと、面白い事例なのでこちらを紹介します。YouTubeの動画ですね。YouTubeの動画タイトルも、SEOとして重要になるということです。これもSEOの範疇ですので、当方サポート可能です。ぜひご相談ください。

「世田谷 家具」
Google検索結果 3

引用:https://roomclip.jp/shopping/genres/10600000/shops/11549

ECサイトのひとつのカテゴリーです。タイトルが「世田谷家具Interior  Est.1986のおすすめテーブル」となっており、「世田谷家具」と先頭に書かれているため「世田谷 家具」で上位にきています。

ECサイトのSEO対策は、このようにカテゴリー分けと、その作りがとても重要です。

「杉並 家具」
Google検索結果 5

引用:https://www.koma.tokyo/location/

title属性の値に「杉並」が入っておらず、またトップページでもない。ただ、杉並の店舗紹介のページで、所在地とアクセス情報として、『荻窪駅』と書いてあります。

これはまず、titleに「杉並」や「荻窪」と書けばさらに上位に上がるでしょう。

興味深いのは、Googleの地名での検索に対する精度が増していると感じること。所在地を見極める精度が向上していると感じられます。

このお店良さそうですね。一度行ってみようかな。

「武蔵野市 家具」
Google検索結果 9

引用:https://www.livinghouse.co.jp/branch/kichijoji/

武蔵野市の吉祥寺にはインテリアショップがたくさんありますが、検索結果上位にお店はこないですね。1位はMapFanでした。

「三鷹 家具」
Google検索結果 1

引用:https://www.ghibli-museum.jp/

DAILIESの前を通ると寄りたくなる、私にとってそんなお店です。モノクロ基調でシンプルなデザインです。この手のデザインは当方の得意ジャンルの一つです。サイトはまあまあしっかりしているので、1位に表示されてますね。当方ならもっと拡大戦略を支援させていただくことも可能です。


FAQよくある質問

ウリはなんですか?

後述する圧倒的なベースの作りの良さと、それをベースにしたSEO対策、さらにデザイン、コーディングまで一手に受けられるため安定した高品質と、スピーディーな対応。
つまり、早い、安い、質が高い。といえます。

料金は何で決まりますか?

ページ数は一つの目安です。ただ、ブログなど定型的なデザインに文章を流し込む形の部分は料金をおさえることができます。
機能は、複雑なものほど料金は増していきます。例えば検索機能を設けるとした場合、1つの条件のみでの検索であればお安くできますが、 2つ以上の条件を組み合わせる場合はそれに比べて実装することが増えるなどです。
自社で編集する部分をどこまで広げるか、というのも料金に関係します。
そのため、お話をしてみないとお見積りは難しく、ご予算とご希望をお伺いして、極力ご希望に合ったご提案をしたいと考えています。

運用はやってもらえますか?

当方制作のサイトについては実施します。基本的なSEO対策のチューニング、アドバイス、サーバー管理、ブラウザなどのバージョンアップなどによって不具合が起きた時の迅速な対応、お客様からのご質問に答えることを5,500円/月、軽微な変更依頼への対応がある場合は+5,500円/月で実施いたします。
定期的な更新をご依頼の場合、都度お見積もりもできますが、22,000円~/月でお気軽にご依頼いただけるプランもございます。