不動産のSEO対策事例14ジャンル別調査結果

BringFlowerは、SEO対策で圧倒的結果を残しています。その背景には、このような地道な調査を通して、どのようなサイトが上位に表示されるかを肌で常に感じ続けていることがあります。以下に不動産のホームページにおいて、どのようなサイトがGoogleの検索結果上位にきているのかを調査した結果について、上位の理由の考察も織り交ぜながらご紹介します。ここで挙げるものでなくとも「このようなサイトにしたい」というのがあると、すり合わせがうまくいきやすいと思います。
不動産においては、「地域名 不動産」をターゲットキーワードに据える重要性、状に表示されたときの効果が非常に高いと言えます。
当方はこの自らのサイトを実験台としつつ、このような事例調査も通して上位にくるサイトの条件、何が違うのかを常にウォッチし、熟知しています。

「世田谷 不動産」
Google検索結果 1

引用:http://00yen.jp/

名前が「世田谷不動産」なので、「世田谷 動物病院」での検索で上位にきやすいです。ネーミングはSEO対策で最も重要なことかもしれません。

「港区 不動産」
Google検索結果 8

引用:https://www.nikurashokai.co.jp/

どの地域でも上位にくる大手を除かせていただくと、最上位はこちらでした。記事コンテンツがしっかりとされてますので、そのあたりが効いているかと思います。

「三鷹 不動産」
Google検索結果 2

引用:https://www.yshome.jp/index_mitaka.html

三鷹に本店がある複数店舗を持つ不動産会社です。このサイトは私が熟知するシステムが用いられています。そのシステムは次世代が出ているので、それに変えればもっと強くなるでしょう。当方はそのシステムを用いて安価に、物件検索など豊富な機能を持ち、SEOを熟考した不動産ホームページの作成が可能です。システム会社と提携しているので、ぜひ不動産会社様、お問い合わせください。

「新宿 不動産」
Google検索結果 12

引用:https://shinjuku.confort-g.com/

12位ではありますが、最上位なのは物件数が多く(=ユーザーにとって意味のあるページが多い)、物件の探し方も充実しているなどです。

「杉並 不動産」
Google検索結果 1

引用:http://sugifu.boy.jp/

名称が「杉並不動産」だから1位です。以上です。例えばこのサイトはSSLに対応されてません。その時点で、トータルでSEOにおいて望ましい内容になっているとは言えません。

名称はSEOにおいて重要です。これはGoogleにとって改善の余地あると思うんですけどね。「杉並 不動産」は「杉並不動産」を探しているケース少ないでしょう。

「武蔵野市 不動産」
Google検索結果 5

引用:https://www.fukuya-k.co.jp/shop/tokyo/kichijoji

不動産はSUUMOが強いです。1位はSUUMOでしたが、地元の不動産会社というわけではない次の画像の東急リバブルが「武蔵野市 不動産」の4位、ただ東急リバブルはどの地域でも上位にくるので、除外させていただくと、最上位となるのはこの不動産会社でした。この会社も全国区ですね。

引用:https://www.livable.co.jp/area-matome/tokyo/a13203/

東急リバブルのサイトで着目したいのは、このページがトップページではないということです。何を隠そうこのご覧いただいているページ自体「武蔵野市 ホームページ制作」で1位ですが、トップページではありません。ターゲットワードを定め、しっかりとSEO対策をすれば、トップページ以外でもこのように上位に表示させることができます。

「練馬 不動産」
Google検索結果 1

引用:https://pets-kojima.com/hospital/clinic/nerima/

しっかりしたサイトです。物件の検索機能、お気に入り登録、閲覧履歴、来店予約といった不動産会社にとってあると良い機能が揃っていて、パンくずリストとその構造化マークアップの実装など、しっかりと行われています。

ちょっと昔からあるサイトに対しての継ぎ足し感はありますが、うまく継ぎ足せてる感じですね。


FAQよくある質問

ウリはなんですか?

後述する圧倒的なベースの作りの良さと、それをベースにしたSEO対策、さらにデザイン、コーディングまで一手に受けられるため安定した高品質と、スピーディーな対応。
つまり、早い、安い、質が高い。といえます。

料金は何で決まりますか?

ページ数は一つの目安です。ただ、ブログなど定型的なデザインに文章を流し込む形の部分は料金をおさえることができます。
機能は、複雑なものほど料金は増していきます。例えば検索機能を設けるとした場合、1つの条件のみでの検索であればお安くできますが、 2つ以上の条件を組み合わせる場合はそれに比べて実装することが増えるなどです。
自社で編集する部分をどこまで広げるか、というのも料金に関係します。
そのため、お話をしてみないとお見積りは難しく、ご予算とご希望をお伺いして、極力ご希望に合ったご提案をしたいと考えています。

運用はやってもらえますか?

当方制作のサイトについては実施します。基本的なSEO対策のチューニング、アドバイス、サーバー管理、ブラウザなどのバージョンアップなどによって不具合が起きた時の迅速な対応、お客様からのご質問に答えることを5,500円/月、軽微な変更依頼への対応がある場合は+5,500円/月で実施いたします。
定期的な更新をご依頼の場合、都度お見積もりもできますが、22,000円~/月でお気軽にご依頼いただけるプランもございます。