プラグインなしでカスタムフィールドを追加する方法をこちらの記事でご案内しました。次はプラグインなしで追加したカスタムフィールドに入力された値を取得・参照して、サイトに活用する方法をご案内します。

カスタムフィールドの値を参照・取得する方法(プラグインなし)

例としてやること

こちらの記事で設置したカスタムフィールドに、それぞれ以下のように住所を入力していたとします。ちなみにこの画像中に示されている住所はそれぞれ、東京駅、新宿駅、横浜駅の住所ですので悪しからず。

あえて難しい例として、このページにいくつ項目が設置されているか分からない前提で、全ての住所を参照して表示する、という方法をご案内します。

コード(HTML+PHP)

<h1>店舗マップ</h1>
<div class="shops">
   <?php
      $page_id = get_the_ID(); //ページのIDを取得
      $shops = get_post_custom( $page_id ); //指定したページのカスタムフィールドを全て配列で取得
      $shops_arr = array();
      echo '<ul>';
      if($shops):
         foreach ( $shops as $key => $value ):
            if(!(preg_match( "/^_/", $key ))): //アンダースコアから始まるキー以外
               $shops_arr[] = $value[0];
               echo '<li>'.$value[0].'</li>';
            endif;
         endforeach;
      endif;
      echo '</ul>';
   ?>
</div>

表示

上のコードで次のようにページに表示することができます(見た目は別途CSSを当ててます)。

解説

  • get_the_ID()は投稿または固定ページのIDを取得する関数です。この例は固定ページですが、投稿ページの場合でも使えます。
  • get_post_custom()はページIDを引数に指定することで、そのページのカスタムフィールドの値を全て配列で取得する関数です。
  • アンダースコアから始まるキー以外を取得としているのは大事な理由があり、全てのページには自動的に_edit_lock_edit_lastというキーでデータが作られているのです。同時編集を防ぐためのものらしいです。とりあえずこの2つは出力してもここでは意味のない数字が表示されるだけなので、出力しないようにしています。

カスタムフィールドを取得する関数の種類

上記はすべてのカスタムフィールドの値を取得する例でしたが、カスタムフィールドの値を取得するための関数は全部で3種類あります。

get_post_custom()

全てのカスタムフィールドの値を取得。引数はページのIDを指定。あるいはページが特定できているループの中で用いる。

get_post_meta()

指定したキーの値のみ取得。引数は3つで、「ページのID」、「カスタムフィールドのキー」、「真偽値(trueまたはfalse)」です。

例えば次のように記述します。shop_aは、前の記事で指定したカスタムフィールドのname属性の値です。

<p>
   <?php
      $page_id = get_the_ID(); //ページのIDを取得
      echo esc_html(get_post_meta($page_id, 'shop_a', true));
    ?>
</p>

post_custom()

引数はひとつで、カスタムフィールドのキーを指定して値を取得します。そのため、ページが特定できているループ内でしか使用できません。

まとめ

カスタムフィールドの値を参照、取得してサイトに表示する方法をご紹介しました。

この記事で表示例を「店舗マップ」としてますが、「マップじゃないのに」と思ったあなた、良く気づきましたね。こうして取得した住所からGoogleマップにそれぞれマッピングする方法もご紹介してますので、よろしければそちらもご覧ください。

著者のイメージ画像

BringFlower|稲田 高洋

2003年から大手総合電機メーカーでUXデザインプロセスの研究、実践。UXデザイン専門家の育成プログラム開発。SEOにおいても重要なW3Cが定めるWeb標準仕様策定にウェブアクセシビリティの専門家として関わる。2010~2018年に人間中心設計専門家を保有。その後、不動産会社向けにSaaSを提供する企業の事業開発部で複数サービスを企画、ローンチ。CMSを提供し1000以上のサイトを分析。顧客サポート、サイト運営にも関わる。2022年3月にBringFlowerを開業し、SEOコンサル、デザイン、ウェブ制作を一手に受ける。グッドデザイン賞4件、ドイツユニバーサルデザイン賞2件、米国IDEA賞1件の受賞歴あり。