WordPress

WordPressで画像/ファイルアップロード(メディアアップローダー)の項目をプラグインなしで作成する方法

WordPressで、画像アップロードの項目をプラグインなしで追加する方法と、画像だけではなく、PDFなどのファイルをアップロードできるようにする方法についてそれぞれご紹介します。

作成する画像アップローダー

作成するのは、画像をローカルからアップロードないしはWordPressのメディアから引っ張ってURLを入力するというインターフェースです。

次の画像はBringFlowerが制作するサイトでご提供するオリジナルテーマの項目の一つです。

コード

以下のコードで実装できます。

generate_upload_image_tagはWordPressの関数です。

また、jQueryを利用しています。サイトには今後のこと、サイトの動作の軽さを考えてjQueryを基本的に使わないんですが、管理画面では気にしていないのと、このぐらいのものになるとわざわざjQueryを使わないという選択肢は考えないです。

<?php
/*-------------------------------------------------------------------------------
 メディアアップローダーの関数
--------------------------------------------------------------------------------*/

//画像アップロード用のタグを出力する
function generate_upload_image_tag($name, $value){?>
   <input id="<?php echo $name; ?>" name="<?php echo $name; ?>" type="text" value="<?php echo $value; ?>" />
   <input type="button" name="<?php echo $name; ?>_select" value="選択" />
   <input type="button" name="<?php echo $name; ?>_clear" value="クリア" />
   <div id="<?php echo $name; ?>_thumbnail" class="uploded-thumbnail">
     <?php if ($value): ?>
       <img src="<?php echo $value; ?>" alt="選択中の画像">
     <?php endif ?>
   </div>
 
   <script type="text/javascript">
   (function ($) {
        var custom_uploader;
        $("input:button[name=<?php echo $name; ?>_select]").click(function(e) {
            e.preventDefault();
            if (custom_uploader) {
               custom_uploader.open();
               return;
            }
            custom_uploader = wp.media({
                title: "画像を選択してください",
                /* ライブラリの一覧は画像のみにする */
               library: {
                   type: "image"
               },
                button: {
                   text: "画像の選択"
               },
                /* 選択できる画像は 1 つだけにする */
               multiple: false
            });
            custom_uploader.on("select", function() {
                var images = custom_uploader.state().get("selection");
                /* file の中に選択された画像の各種情報が入っている */
               images.each(function(file){
                    /* テキストフォームと表示されたサムネイル画像があればクリア */
                   $("input:text[name=<?php echo $name; ?>]").val("");
                   $("#<?php echo $name; ?>_thumbnail").empty();
                    /* テキストフォームに画像の URL を表示 */
                   $("input:text[name=<?php echo $name; ?>]").val(file.attributes.sizes.full.url);
                    /* プレビュー用に選択されたサムネイル画像を表示 */
                   $("#<?php echo $name; ?>_thumbnail").append('<img src="'+file.attributes.sizes.full.url+'" />');
                });
           });
            custom_uploader.open();
        });
 
       /* クリアボタンを押した時の処理 */
       $("input:button[name=<?php echo $name; ?>_clear]").click(function() {
            $("input:text[name=<?php echo $name; ?>]").val("");
           $("#<?php echo $name; ?>_thumbnail").empty();
        });
    })(jQuery);
   </script>
   <?php
}

function admin_uploader_scripts() {
   //メディアアップローダの javascript API
   wp_enqueue_media();
 }
 add_action( 'admin_print_scripts', 'admin_uploader_scripts' );
?>

画像だけではなく、PDFなどのファイルもアップロードしたい場合

上記のコードだと、メディアアップローダーの画面で画像しか選択できません。

JavaScriptのコードの部分を以下のように変更すると、ファイルのURLを取得できるようになります。

削除する箇所

以下のコードを削除します。

削除箇所1

/* ライブラリの一覧は画像のみにする */
library: {
type: "image"
},

削除箇所2

/* テキストフォームと表示されたサムネイル画像があればクリア */
$("input:text[name=<?php echo $name; ?>]").val("");
$("#<?php echo $name; ?>_thumbnail").empty();

削除箇所3

/* プレビュー用に選択されたサムネイル画像を表示 */
$("#<?php echo $name; ?>_thumbnail").append('<img src="'+file.attributes.sizes.full.url+'" />');

変更箇所

以下の個所を変更します。この変更をしないと、拡張子が勝手に変わってしまいます。この変更は野生の勘のようなもので適当に変えてみたら、うまく動いたというものなので、その点ご承知おきください。

変更前

/* テキストフォームに画像の URL を表示 */
$("input:text[name=<?php echo $name; ?>]").val(file.attributes.sizes.full.url);

変更後

/* テキストフォームにファイルの URL を表示 */
$("input:text[name=<?php echo $name; ?>]").val(file.attributes.url);

まとめ

いかがでしょうか?お役に立てれば幸いです。サイト制作のご相談お待ちしています。

著者のイメージ画像

株式会社BringFlower
稲田 高洋(Takahiro Inada)

2003年から大手総合電機メーカーでUXデザインプロセスの研究、実践。UXデザイン専門家の育成プログラム開発。SEOにおいても重要なW3Cが定めるWeb標準仕様策定にウェブアクセシビリティの専門家として関わる。2010~2018年に人間中心設計専門家を保有、数年間ウェブアクセシビリティ基盤委員も務める。その後、不動産会社向けにSaaSを提供する企業の事業開発部で複数サービスを企画、ローンチ。CMSを提供し1000以上のサイトを分析。顧客サポート、サイト運営にも関わる。
2022年3月にBringFlowerを開業し、SEOコンサル、デザイン、ウェブ制作を一手に受ける。グッドデザイン賞4件、ドイツユニバーサルデザイン賞2件、米国IDEA賞1件の受賞歴あり。