Googleが「More content by people, for people in Search」と題したブログをアップ、検索エンジンアルゴリズムアップデートを発表しました。人のための人によるコンテンツが検索に引っかかるように、というのがタイトルの意味ですね。原文を読んだので触れていきます。

Googleが発表した「人のための人によるコンテンツ」に向けた検索エンジンアップデート

Googleの基本方針

Googleの基本方針は、本サイトでも何度も触れてますが、

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

という先頭にあるGoogleの理念が根幹にあります。
だから、Googleはここまで成長しているのだと私は思っています。

アルゴリズムアップデート実施スケジュール

2022年8月18日の記事の中で、来週から数週間にかけて、まずは英語サイトを対象にして実施すると述べられてますので、2022年8月22日(月)ぐらいから開始されるとみられます。

今回のアップデート内容

先に述べますが、上記基本方針に基づいた以下の方針は、これまでこのブログの中で説明してきたこと以外には特にありません。つまりは、Googleはこれまでの方針に基づいて、さらに精度を上げるアルゴリズムを見出した、それを実施すると述べているにすぎません。

オリジナルコンテンツを重視

他のサイトから寄せ集めただけの情報は排除される方向に動きます。これまでと変わりません。重複コンテンツを見抜く精度が上がっており、厳しい姿勢も強化されているだろうという説明をしていますので、詳細はそちらもご参照ください。

コンテンツには独自の内容が含まれてなければなりません。検索して、掲載順位1位の内容を見て、次に2番目も見てみたらほぼ同じ内容だった、という経験をしたことがありませんか?私は技術的なことを調べるとよくあります。まったく同じコードで、そこに同じバグがあるという内容だったりします。こういう経験をする頻度が下がる方向にGoogleは動き続けています。

アフィリエイトを目的としたサイトは、役に立たないことが多いということが記事の中で述べられています。必ずしもそうでもないかもしれませんし、そうでなければ順位下がらないでしょうが、うまいこと上位に上がるように、ただ他のサイトから情報を寄せ集めているようなサイトは、これまでも下がってきたように、また順位が下がるでしょう。

どうすればよいかというのは先ほども示したこちらの記事を参照いただきたいのですが、自分自身の考えが書かれていることが一つの大きなポイントだと思っています。もちろん、その内容は見る人にとって役に立つ内容でなければなりませんが。本ブログは閲覧数が右肩上がりの状態です。私はこのように自分の考え、考察を書きます。

やはりよく見られている記事というのは、より多くの独自の情報や独自の考えが含まれている傾向です。できればそこに、根拠となる情報や、参照先が示されていることが望ましいと言えます。

とにかく、検索エンジンのことを考えるのではなく、見る人のことを考える、ということに常に立ち返るよう意識すべきです。Googleも繰り返しそう述べています。

専門家による内容かどうかの判断をする

E-A-T(専門性、権威性、信頼性)が重視されている、ということも本ブログで触れてきてます。日本では2017年12月に医療・健康アップデートと呼ばれるアップデートがありました。今回は製品レビュー内容が消費者の購入意思決定に強く寄与していることについて触れていて、そこにポイントが置かれるような内容が書かれています。

BringFlowerのコンサルティング方針について

私は元来、このGoogleの方針と同じ方向を向いているからこそ、SEO対策をメイン事業のひとつにおいて開業しています。なので、これまでとやることは変わりませんし、役に立たないコンテンツの順位が下がることで、相対的にも、これまでやってきたことの成果がより高く表れるであろうことを期待しています。

まとめ

世の中には、お金儲け第一主義の人がいます。それはBringFlowerを開業してからより痛感しています。何故ならば、私には既存サイトの相談が多く寄せられるからです。そういうサイトを分析する中で、同業者として許せないような、卑劣な行為も目にしてきました。そういう目に合う人が少しでも減るように、Googleにはさらなる進歩を期待してやみませんし、私自身進歩していきたいと考えています。

やれやれGoogle、もっとやれ!

著者のイメージ画像

BringFlower|稲田 高洋

2003年から大手総合電機メーカーでUXデザインプロセスの研究、実践。UXデザイン専門家の育成プログラム開発。SEOにおいても重要なW3Cが定めるWeb標準仕様策定にウェブアクセシビリティの専門家として関わる。2010~2018年に人間中心設計専門家を保有。その後、不動産会社向けにSaaSを提供する企業の事業開発部で複数サービスを企画、ローンチ。CMSを提供し1000以上のサイトを分析。顧客サポート、サイト運営にも関わる。2022年3月にBringFlowerを開業し、SEOコンサル、デザイン、ウェブ制作を一手に受ける。グッドデザイン賞4件、ドイツユニバーサルデザイン賞2件、米国IDEA賞1件の受賞歴あり。