iframeは他のドメイン(他のサイト)の画面を表示するのに使うことができますが、その場合、SEO的にはどうなるのか、についてご説明します。

iframe(アイフレーム、インラインフレーム)とSEOの関係

iframeとは

iframeは、他のドメイン(他のサイト)の画面を表示するのに使うことができるHTMLの仕様です。ドメインとは何か、についてはこちらをご覧ください。

例えば以下のように記述します。

<iframe width="700" height="300" src="表示したいURL" title="埋め込む内容の説明"></iframe>

YouTubeや、FaceBookなどの内容をサイトに埋め込んで表示することができますが、YouTubeやFaceBookが提供しているコードには、iframeが使われています。

iframeとSEOの関係

iframeは、別のドメインでなければならないということはなく、自サイトの別の画面を表示することもできます。複雑なシステムの場合に、別の画面ですでに生成しているソースコードをまた生成するよりも、iframeを使って表示しよう、という風に考えるケースはあり得ると思います。そのとき、SEO的にどうなるかですが、Googleはiframeの中は見ていません

別のサイトを表示している場合に、Googleがその中身を見て評価してしまうと、不都合が起きますよね?

ただし、Googleはここ最近になって評価ツールLighthouseでiframetitle属性の値がないと減点するようになっていますので、titleの内容は評価していることが伺えます。どのような内容を埋め込んでいるかを、title属性に書くようにしましょう

一方で、YouTubeなど表示すると、そのページの評価が上がりやすいという話があり、私もそれは感じています。YouTubeが再生されたか、再生された時間などについて、Googleは少なくともデータは取っています。YouTubeが再生されて、長時間そのページにユーザーが滞在したとすれば、そのページはユーザーにとって価値があったと判断できます。そのような意味で、iframeでそのページの内容にふさわしい内容を表示すればSEOとしての効果は期待できると考えられます。

ただ、iframeの中身、コンテンツをGoogleは見てないので、その中に表示されている文言で検索しても検索にひっかかることはないということです。

まとめ

iframeを用いた場合のSEOへの影響について説明しました。SEOの基本を知りたい方はこちらをご参照ください。

著者のイメージ画像

BringFlower|稲田 高洋

2003年から大手総合電機メーカーでUXデザインプロセスの研究、実践。UXデザイン専門家の育成プログラム開発。SEOにおいても重要なW3Cが定めるWeb標準仕様策定にウェブアクセシビリティの専門家として関わる。2010~2018年に人間中心設計専門家を保有。その後、不動産会社向けにSaaSを提供する企業の事業開発部で複数サービスを企画、ローンチ。CMSを提供し1000以上のサイトを分析。顧客サポート、サイト運営にも関わる。2022年3月にBringFlowerを開業し、SEOコンサル、デザイン、ウェブ制作を一手に受ける。グッドデザイン賞4件、ドイツユニバーサルデザイン賞2件、米国IDEA賞1件の受賞歴あり。