SEO

SEO対策としてとても重要なドメイン設計

ホームページを公開するのに必要なドメイン。まず名前を決めなければなりませんが、SEO対策の考慮事項のひとつとして、どういう構成にするかがとても重要だというのをご存じでしょうか?

いくつもサイトを作ってしまって、あとになって一つにすべきとなるケースはよくある話です。そうならないように、どうするべきなのかを知っておきましょう。

ドメインとは?

ドメインというのは、ホームページの住所のようなものです。

例えば次のURLがあったとすると、

https://www.example.com/

example.comの部分がドメイン名です。

基本的に有料ですが、レンタルサーバーを契約するとひとつ無料で入手できたりもします。
すでに使われている名称は使うことができません。

一般的にレンタルサーバーでは、ひとつドメインを入手すると、サブドメインと呼ばれるものを無料でいくつも作ることができます。

例えば

https://www.example.com

の中の、「www.」の部分をホスト名と呼び、これを自由にいくつでもつけることができるということです。

「www.」というのは、World Wide Webの略で、ウェブの仕組みの名称からきているのですが、別に「www.」じゃなければならない、ということは全くないのです。単に、一般化しているだけです。

ネイキッドドメイン

本題からはそれるのですが、大事な話なのでご紹介します。ホスト名を付けない状態、例えば次のようなURLをネイキッドドメインと呼びます。

https://example.com

URLが短くなってすっきりするため、最近この形を取られるケースが多いのですがあまり推奨はされません。サイトの速度を早くすることを目的としたCDNと呼ばれるサービスなど、一部サービスにおいてネイキッドドメインでは利用できないというケースがあるためです。

無難に、何かホスト名を与えておくことを推奨します。

個人的には、本体サイトは「www.」にしておいて、他に派生するサイトができた時には、そのサイトの内容を表す名称をホスト名につける、という風にすることをおすすめします。「www.」を別の名称にしても全く問題ないのですが、他のサイトがない状態だと特に、どういう名称にするか迷うことになると思いますし、コーポレートサイトの場合だと「www.」にするのが一般的でもあるからです。

ドメインパワーについて

ドメインパワーという言葉が使われることがあります。全く同じ記事を書いたとしても、公開される先によって検索順位は変わってきます。よりドメインパワーがあるサイトの方が上位に上がりやすく、この差のことをドメインパワーという言葉でSEO業界では表現されています。

サイトのテーマを決めることが大事

ドメインパワーを強くするためには、そのサイトのテーマを絞って、そのテーマの専門性が認められるようなコンテンツをたくさん作り上げていくことが大事となります。

サイトの中にテーマがたくさん存在すると、そのサイトを何で評価すればよいのかGoogleが分からなくなるというようなことが発生します。評価が各テーマに分散するのです。

ドメインの設計について

例えば、美容室とネイルサロンの両方の事業をやるとした場合は、二つとも同じドメイン内でコンテンツを作るよりも、ドメインを分けた方がSEO的には有利だと考えます。

逆に、美容室が店舗を拡大するのに、ドメインを分けるのはもったいないです。テーマが同じなので、同じドメインの中でコンテンツを増やす、という方がそのドメインパワーが強くなる方向に動いて、いいことしかありません。

店舗名で検索したときにドメインを分けた方が上位に表示されやすいのでは?という質問をいただいたことがありますが、ちゃんとそのページを、その店舗名で上位に上がるように意識して作ればよい話です。

もちろん、BringFlowerのようにそのノウハウを持ってないとダメですが、ドメインを分ければなおのこと高いノウハウが求められます。

ドメインを分けた場合、気を付けなければ既存のサイトに対して重複コンテンツとしてGoogleに扱われてまったく検索に引っかからない状態になるリスクもあります。

店舗を拡大したのでページを増やしたいというような相談をウェブ制作会社にしたとき、ウェブ制作会社はどのように考えると思いますか?

まず、多くのウェブ制作会社はSEOのことについて詳しくないのが実態です。なので、SEOのことは何も考えず、受注のしやすさや、受注額の大きさのことだけを考えて提案をするウェブ制作会社が多いので注意が必要です。

すでにあるサイトが別の業者によるものだったとした場合、そこにページを足すにはそのサイトの作りを理解しなければいけません。そのサイトのサーバーを業者が契約している場合、サーバーを共有してもらうのに、色々と面倒があります。

以上のことから、サイトを別で作りましょう、という提案をされるケースを実際に見たことがありますが、SEOの観点からも、コストの観点からも、デメリットしかありません。

また、このようなことがあるので、レンタルサーバーは自社で契約することを推奨します。運用費に含むということを言ってレンタルサーバーを制作会社側で契約したがるケースが多いようですが、それも運用費を取りやすくするため、解約しづらくするための手段として、そうしている会社が多いと思われます。

悪い事例

悪い事例としては、例えば割と大手の不動産会社で、不動産業というくくりでは同じなのに多くの独自ドメインを設けていくつもサイトを作ってしまっているようなケースがあります。

最悪、それぞれに同じ物件を広告表示していたりします。そうなると重複コンテンツというSEO上のマイナス面も生まれます。

良い事例

株式会社カカクコムの事例を見てみましょう。

コーポレートサイトは次のURLになっています。

https://corporate.kakaku.com/

以下はカカクコム社が運営する主なサイトのURLです。

価格.com
https://kakaku.com/
食べログ
https://tabelog.com/
スマイティ
https://sumaity.com/

価格.comだけコーポレートサイトとサブドメイン同士です。他は独自ドメインが分かれています。このぐらい業種が異なればドメインを分けた方が良いでしょう。

おそらく最初は価格.comから始まって、その後特定業種のポータルサイト事業を拡大させていったので、業種が異なるからドメインも分けよう、ということになったのだと推測します。

まとめ

ドメインの作り方によるSEOへの影響が大きいということは、知らない方が多い印象なのですが、後戻りが難しい部分なので、とても重要な話だということがご理解いただけたのではないかと思います。

ドメインの設計の観点から助言ができるのは、優良なSEOコンサル会社に限られると思います。かつウェブ制作も行える会社というのはおそらくほとんどないと思われます。「SEO 制作」で検索するとBringFlowerが1位に表示されるというのはそういうことの表れではないでしょうか。

企業が大きくなって、予算ができたからSEOコンサル会社に依頼をして、ドメイン設計見直しを提言されるというケースが多いと思われます。そうなると、サイトも巨大化しているので、1,000万単位の支出となり得ます。

安心して任せられる、BringFlowerにぜひ制作の段階からご相談ください。

BringFlowerは顧客に寄り添い、伴走することがミッションであり、やりがいなのです。

SEO全般に関する記事もぜひご覧ください。

著者のイメージ画像

BringFlower
稲田 高洋(Takahiro Inada)

2003年から大手総合電機メーカーでUXデザインプロセスの研究、実践。UXデザイン専門家の育成プログラム開発。SEOにおいても重要なW3Cが定めるWeb標準仕様策定にウェブアクセシビリティの専門家として関わる。2010~2018年に人間中心設計専門家を保有、数年間ウェブアクセシビリティ基盤委員も務める。その後、不動産会社向けにSaaSを提供する企業の事業開発部で複数サービスを企画、ローンチ。CMSを提供し1000以上のサイトを分析。顧客サポート、サイト運営にも関わる。
2022年3月にBringFlowerを開業し、SEOコンサル、デザイン、ウェブ制作を一手に受ける。グッドデザイン賞4件、ドイツユニバーサルデザイン賞2件、米国IDEA賞1件の受賞歴あり。