検索数が多く競合も多いような検索キーワードをビッグキーワードと呼び、上位に表示させるのは難しいですが、それでも上位を狙う場合はセオリーがありますので、ご紹介したいと思います。

ビッグキーワードで上位も狙える方法「トピッククラスター」

ビッグキーワードとは

検索数が多く競合も多いような検索キーワードをビッグキーワードと呼びます。中ぐらいをミドルワード、少ないものをスモールワードあるいはロングテールキーワードという風に呼びます。

上の図では「吉祥寺 ランチ」を例としていますが、本記事では「筋トレ」というビッグキーワードを例に、上位獲得の方法をご紹介していきます。「筋トレ」は本記事執筆時点で55万件/月の検索数があります。

トピッククラスターとは

「筋トレ」のようなビッグキーワードで上位を獲得するには、「胸筋 筋トレ」「背中 筋トレ」「二の腕 筋トレ」「自重 筋トレ」など、そのビッグキーワードとの組み合わせのミドルキーワードないしはロングテールキーワードの記事を多く書き、かつそれら記事からビッグキーワードで上位を狙うページにリンクを張る、というのが有効です。

このような構造をトピッククラスターという風に呼び、上位を獲得したいページを「ピラーコンテンツ」、そこにリンクを張るページをクラスターコンテンツと呼びます。この呼び方はHubSpot社のMatthew Barby氏によって提唱されたと言われています。

サイト内で全く異なるテーマの内容は設けないほうが良いですが、同一テーマ内で複数のピラーコンテンツを設け、それぞれにトピッククラスターを構築すると、サイト全体の評価も高まります。

次の図の例は、「筋トレ」と「ダイエット」をピラーコンテンツとしてトピッククラスターを検討した例です。サイトとしては、パーソナルジムをイメージしています。

ピラーコンテンツの内容

クラスターコンテンツだけを充実させてもビッグキーワードがターゲットキーワードとなるピラーコンテンツのページは上位に上がりません。ピラーコンテンツのページは、そのターゲットキーワード、例えば「筋トレ」であれば筋トレの内容についてできる限り網羅的にすることが望まれます。
とはいえ、クラスターコンテンツの内容をそのまま全部盛り込むのもナンセンスです。重複コンテンツにもなってしまいます。

クラスターコンテンツの内容を広く浅く紹介するような内容とし、詳細はクラスターコンテンツのページを見ていただけるようにリンクを張る、という内容が良いと考えます。

まとめ

ビッグキーワードでも上位を狙えるトピッククラスターの考え方についてご紹介しました。
BringFlowerはこのような知見も踏まえてブログ制作代行サービスも行い、サイトを上位に表示させています。

SEO全般に関する記事も書いてます。

著者のイメージ画像

BringFlower|稲田 高洋

2003年から大手総合電機メーカーでUXデザインプロセスの研究、実践。UXデザイン専門家の育成プログラム開発。SEOにおいても重要なW3Cが定めるWeb標準仕様策定にウェブアクセシビリティの専門家として関わる。2010~2018年に人間中心設計専門家を保有。その後、不動産会社向けにSaaSを提供する企業の事業開発部で複数サービスを企画、ローンチ。CMSを提供し1000以上のサイトを分析。顧客サポート、サイト運営にも関わる。2022年3月にBringFlowerを開業し、SEOコンサル、デザイン、ウェブ制作を一手に受ける。グッドデザイン賞4件、ドイツユニバーサルデザイン賞2件、米国IDEA賞1件の受賞歴あり。