SEO

スマホ表示で必要?alternateタグとSEOへの影響

私のように、いわゆるレスポンシブデザインという理想的な作り方をする場合には関係はないのですが、ウェブサイトの作りによってはSEOのために必要となるalternateタグというHTMLの仕様があります。そのalternateタグについて、解説を致します。

alternateタグとは?

alternateタグは、主にモバイル版とデスクトップ版の2つの異なるバージョンを持つウェブサイトで使用されます。このタグは、検索エンジンに対して、ユーザーがアクセスしているデバイスに最適なページバージョンを示す役割を果たします。

具体的には、alternateタグは

<link rel="alternate" href="https://www.example.com/sp/">

という形式でHTMLに含まれ、デスクトップ版のページに対応するモバイル版のURLを指定します。

同時に利用すべきcanonicalタグ

デスクトップ向けページには上述のようにalternateタグを利用しますが、モバイル向けページにも、PC向けページがどれであるかを指定します。その際はalternateタグではなく次のようにcanonicalタグを利用します。

<link rel="canonical" href="https://www.example.com/">

Googleはサイト内に重複したコンテンツがあると、どちらかは重複しているものとして評価をしないようにしてしまいますので、それを避ける意味があります。

レスポンシブデザインの場合にalternateタグは不要

レスポンシブデザインというのは、デバイスごとに別々のウェブページを持つのではなく、1つのページでそれぞれのデバイス向けに適応させる形のものを言います。

つまりレスポンシブデザインの場合、alternateタグは不要となります。

最適なSEOとしては、レスポンシブデザインです。ページが複数あれば、その分リソースを使いますし、SEO的な観点でメリットはありません。ただ、制作者の技術的なことや、場合によっては実現したいデザインのために、複数のページを持つ形でモバイル版に適応させているケースもあるものと思われます。alternateタグはレスポンシブデザインの代替策として捉えていただいた方が良いかと思います。

alternateタグのSEOへの影響

alternateタグの主な目的は、検索エンジンが適切にそのページがどのデバイス向けのものであるかを理解し、評価することを助けることです。これにより、ユーザーは自分のデバイスに最適化されたページを表示することが可能になり、結果としてユーザーエクスペリエンスが向上します。

また、alternateタグが正しく設定されていると、検索エンジンは重複コンテンツと誤解することなく、モバイル版とデスクトップ版の異なるページバージョンを正しく認識することができます。これは、Googleなどの検索エンジンがページのランキングを決定する際に重要な要素となります。

Googleはモバイルフレンドリーなウェブサイトを推奨しており、alternateタグの適切な使用は、モバイル検索結果におけるページのランキングを向上させる可能性があります。

alternateタグはなぜスマホ用ページに必要なのか?

alternateタグの役割と基本的な設定方法を理解した上で、次に、なぜスマホ用ページにalternateタグが必要なのか、その重要性について解説します。

ユーザーエクスペリエンスの向上

今日のインターネット利用者の多くは、スマートフォンを用いてウェブサイトを閲覧しています。そのため、ユーザーにとって最適な体験を提供するためには、モバイルデバイスに適したページの提供が必要となります。alternateタグは、ユーザーが使用しているデバイスに適したページバージョンを表示するための道具となります。

検索エンジンの理解を助ける

alternateタグを使用することで、検索エンジンはデスクトップ版とモバイル版の関連性を理解し、それぞれのページが同じコンテンツの異なるバージョンであることを把握します。これにより、検索エンジンは重複したコンテンツと誤解することなく、各ページを適切に評価することができます。

モバイルファーストの時代への対応

Googleは2018年からモバイルファーストインデックスを導入し、モバイル版のウェブページをインデックス(検索エンジンがページを認識する最初のステップ)の基準とする方針を明らかにしています。これはモバイルユーザーが増え続けている現在のウェブ環境を反映したもので、ウェブサイト運営者はモバイル版の最適化に取り組むことが求められています。

alternateタグの適切な設定は、モバイル版とデスクトップ版、それぞれのページが同じコンテンツを提供していることを検索エンジンに明示することができ、モバイルファーストインデックスに対応する一助となります。

alternateタグの実装

Alternateタグの重要性とそのSEOへの影響を理解したところで、次にその実装方法について解説します。ここでは、alternateタグの設定方法をステップバイステップでご紹介します。

ステップ1:モバイル版とデスクトップ版のページを準備する

最初に、モバイル版とデスクトップ版のそれぞれのページを作成します。これらのページは同一のコンテンツを提供しなければならず、それぞれがユーザーのデバイスに最適化されていることが重要です。

ステップ2:alternateタグとcanonicalタグを設定する

次に、各ページの<head>~</head>にalternateタグとcanonicalタグを追加します。alternateタグは、デスクトップ版のページにモバイル版のページへのリンクを提供し、canonicalタグは、モバイル版のページにデスクトップ版のページへのリンクを提供します。これにより、検索エンジンはこれらのページが互いに関連していることを理解します。

ステップ3:変更を保存してテストする

全ての変更を保存したら、設定が正しく機能しているかを確認するためにテストを行います。GoogleのモバイルフレンドリーテストGoogleサーチコンソールのURL検査ツールなどを使用すると、ページが正しくクロールとインデックスを行うことができるかを確認することができます。

ステップ4:XMLサイトマップを更新する

最後に、新しく作成したモバイル版のページをXMLサイトマップに追加します。これにより、検索エンジンが新しいページを見つけやすくなります。

alternateタグの正確な設定は、ウェブサイトの検索エンジン最適化にとって重要なステップです。適切な設定を行うことで、ユーザーは自分のデバイスに最適化されたページを見ることができ、検索エンジンはページの関連性と重要性を正確に評価することができます。

AlternateタグのSEOへの影響

alternateタグがSEOにどのように関わるかを理解することは、モバイルフレンドリーなウェブサイトを構築し、検索エンジンのランキングを向上させる上で重要です。この章では、その深い関連性について詳しく解説します。

alternateタグとモバイルフレンドリーなウェブサイト

モバイルデバイスからのアクセスが増加する現在、ウェブサイトはモバイルフレンドリーであることが求められます。そのためには、ウェブページがユーザーのデバイスに適した形式で表示されることが重要で、これを実現するのがalternateタグです。alternateタグを適切に設定することで、ユーザーは自分のデバイスに最適化されたページを見ることができ、結果的にユーザーエクスペリエンスが向上します。これはSEOにとって重要な要素であり、Googleもユーザーエクスペリエンスを重視したランキングを行っています。

alternateタグとモバイルファーストインデックス

Googleは2018年からモバイルファーストインデックスを採用し、モバイル版のページを主にインデックス(情報を保存)しています。そのため、alternateタグを使用してモバイル版とデスクトップ版のページを明示的に関連付けることは、Googleがページを適切に理解し、評価するために不可欠です。

alternateタグと重複コンテンツ

alternateタグがない場合、デスクトップ版とモバイル版が別々のページとして認識され、これが重複コンテンツと見なされる可能性があります。重複コンテンツは検索エンジンのランキングにネガティブな影響を与える可能性があるため、これを避けるためにもalternateタグの使用が推奨されます。

alternateタグの効果的な活用法

alternateタグがどのようにスマホ用ページのクローリングとインデックスに影響を与えるか、そしてそれがSEOにどのように関係しているかについて詳しく解説します。

alternateタグとクローリングおよびインデックスについて

まず、クローリングとインデックスについて理解の必要性があります。

クローリングとは、検索エンジンがウェブ上のページを探し出し、その内容を読み取ることを指します。alternateタグが適切に設定されていると、検索エンジン(特にGoogle)はモバイル版とデスクトップ版のページがそれぞれ同じコンテンツを提供していることを理解しやすくなります。これにより、検索エンジンはウェブサイトの構造をより正確に理解し、クローリングを効率的に行うことができます。

インデックスとは、検索エンジンがクローリングによって得た情報を保存し、検索結果を提供するためのデータベースを作ることを指します。Googleはモバイルファーストインデックスを採用しているため、alternateタグを適切に設定することで、モバイル版のページが正確にインデックスされる確率が高まります。

モバイル版とデスクトップ版のページの内容は同じですること

alternateタグはモバイル版とデスクトップ版のページが同一のコンテンツを提供していることを前提としています。そのため、両者のページの内容が大きく異なると、検索エンジンはそれを混乱と解釈し、SEOにネガティブな影響を与える可能性があります。

alternateタグの設定は正確であること

alternateタグの設定ミスは、検索エンジンがページを適切に理解することを妨げます。そのため、設定には十分な注意を払うことが重要です。

Googleサーチコンソールとalternateタグ

Googleサーチコンソールを使ったalternateタグの設定方法を解説します。

Googleサーチコンソールとは?

Googleサーチコンソールは、ウェブサイトがGoogle検索結果でどのように表示されているかを理解し、そのパフォーマンスを改善するための無料のツールです。これを利用することで、サイトのクローリング状況、インデックス状況、検索トラフィックやランキングなどを確認することができます。

Googleサーチコンソールを使ったalternateタグの設定検証

Googleサーチコンソールでは、alternateタグの設定やその検証も可能です。具体的には、「URL検査」のメニュを利用することで、特定のURLにalternateタグが適切に設定されているかを確認できます。また、モバイル版とデスクトップ版のページが適切に関連付けられているかも確認することができます。

alternateタグとモバイルSEOの最適化

alternateタグの設定は、モバイルSEOの最適化の一部です。モバイル版のページが適切にインデックスされ、ユーザーに適した形式で表示されることは、モバイルフレンドリーなウェブサイトを構築する上で重要です。Googleサーチコンソールを使ってalternateタグを適切に設定し、その効果を確認することで、モバイルSEOのパフォーマンスを最大限に引き出すことができます。

alternateタグの設定で避けるべき「よく見られる」エラー

alternateタグの設定は、モバイルフレンドリーなウェブサイトを構築し、SEOパフォーマンスを向上させる上で重要です。しかし、その設定には独特の注意点があり、誤った設定は逆にSEOパフォーマンスを低下させる可能性があります。この章では、alternateタグの設定でよく見られるミスと、それらを避けるための方法を説明します。

間違ったURLの指定

alternateタグで指定するURLが存在しない、または関連性がない場合、検索エンジンは混乱を招く可能性があります。モバイル版とデスクトップ版のページが1:1で対応していることを確認し、正確なURLを指定することが重要です。

循環してしまっている指定

デスクトップ版のページがモバイル版を指し、そのモバイル版が別のデスクトップ版を指す、といった循環的な指定は避けるべきです。これは検索エンジンのクローリングを混乱させ、インデックスの誤りを招く可能性があります。

モバイルページとデスクトップページの内容の不一致

alternateタグは、モバイル版とデスクトップ版が同一のコンテンツを提供していることを前提としています。したがって、両者のコンテンツが大きく異なる場合、検索エンジンはそれを混乱と解釈し、SEOにネガティブな影響を与える可能性があります。

alternateタグの省略

モバイル版のページでalternateタグを省略すると、そのページがデスクトップ版のページと関連付けられていることが検索エンジンに伝わらない可能性があります。これは、モバイルファーストインデックスの観点から見ても、SEOにとって好ましくありません。

これらのミスを避け、正確なalternateタグの設定を行うことで、ウェブサイトのモバイルフレンドリー性とSEOパフォーマンスを向上させることができます。次の章では、alternateタグ設定の最適化のための具体的なチェックポイントと、その設定の検証方法について解説します。

モバイル検索のトレンドとAlternateタグ:これからのSEO戦略における重要性

この章では、現在のモバイル検索のトレンドとalternateタグの役割、そしてそれが今後のSEO戦略にどのように影響するかについて探ります。

モバイル検索のトレンド:モバイルファーストへのシフト

現在、モバイルデバイスからの検索は、デスクトップからの検索を大きく上回っています。Googleはこのトレンドを反映し、モバイルファーストインデックスを導入しました。これは、Googleがサイトのランキングを決定する際に、モバイル版のページをデスクトップ版よりも優先するというものです。これにより、モバイル版のページの重要性はこれまで以上に高まっています。

alternateタグの役割と重要性

このモバイルファーストの世界において、alternateタグはウェブサイトがモバイルユーザーに対して最適化されていることを検索エンジンに示す重要な手段となります。ただし冒頭述べたように、そもそも同一のページで対応するレスポンシブデザインにするのがSEOの最適化に繋がりますので、今後alternateタグを利用するケースは減る方向に向かうでしょう。

まとめ

alternateタグはレスポンシブデザインの代替策、まずはレスポンシブデザインにすることを考えましょう。

よろしければBringFlowernにご相談ください。

著者のイメージ画像

株式会社BringFlower
稲田 高洋(Takahiro Inada)

2003年から大手総合電機メーカーでUXデザインプロセスの研究、実践。UXデザイン専門家の育成プログラム開発。SEOにおいても重要なW3Cが定めるWeb標準仕様策定にウェブアクセシビリティの専門家として関わる。2010~2018年に人間中心設計専門家を保有、数年間ウェブアクセシビリティ基盤委員も務める。その後、不動産会社向けにSaaSを提供する企業の事業開発部で複数サービスを企画、ローンチ。CMSを提供し1000以上のサイトを分析。顧客サポート、サイト運営にも関わる。
2022年3月にBringFlowerを開業し、SEOコンサル、デザイン、ウェブ制作を一手に受ける。グッドデザイン賞4件、ドイツユニバーサルデザイン賞2件、米国IDEA賞1件の受賞歴あり。