ホームページが上位に表示されるかどうかは、詳しくはこちらでご説明していますが、ベースのコーディング、仕組みは大前提で、上位に表示されるには、その上に作られるコンテンツの方が影響は大きいです。お客様から「上位に表示されない」というご相談を受けた経験を多く持つ身として、上位に表示されない理由の「あるある」をご紹介したいと思います。

その時々でよくある理由は変わっていきますので、このページは特に、更新頻度を高くしたいと思っています。

SEO対策は大きく3つ、「ベースのコーディング」、「コンテンツ」、「被リンクなど」の観点に分けられます。

検索結果上位に上がらないホームページの理由8選

コーディングの品質が低い

多分これが一番多いです。実際、BringFlowerのようにコーディングの品質をアピールしている制作会社は少ないです。制作会社のホームページで確認してみてください。

コーディングの品質はSEOに大きく影響を及ぼしている感覚が私にはあります。ご相談を受けて見てみると、コーディングの品質が低いサイトは検索にひっかかりもせず、埋没していていたりします。

具体的に、何が違うかというのが気になる方はお気軽にご相談ください。

ターゲットが定まっていない

例えば1店舗の不動産会社さんを例にしてお話すると、ホームページのトップページを見た時に一見してどこにある不動産会社で、どの地域の物件を扱っているかが明白であることが望まれますが、そうなってないケースがあります。

不動産会社さんというのはあくまで例で、どのようなジャンルでも当てはまりやすい話です。トップページのファーストビューでターゲットが明白に伝わってこないようなデザインの場合、SEOにおいて重要な役割の一つtitleの記述内容も、ターゲットが定まった書き方になってないことが多いです。

このような状態だと、上位に表示されにくいといえます。

ターゲットワードまで具体化されていない

今度は税理士の方を例にすると、得意とされている業種(IT分野なのか、医療分野なのかなど)があればそれを明確に示すなどです。あくまで例で、業種ではなく「助成金申請支援」などの業務種類でも良いのですが、できるだけ具体的にご自分が得意とするジャンルを示すということも重要です。

デザインが悪い(見づらい、文字が小さすぎるなど)

デザイン自体をGoogleが見ているわけではありませんが、デザインが悪いと結果的に評価が下がる要因となります。理由としては、ぱっと見の印象ですぐにサイト訪問者がサイトを去ってしまうと、そのサイトがユーザーにとって価値の低いサイトである、とGoogleが判断するはずだからです。

不要にキーワードが散りばめられている

Twitterのハッシュタグのようなイメージで、キーワードを羅列してはいけません。そういうことをするとGoogleから評価を下げられます。Googleはユーザにとって分かりやすいかどうかを見ています。書かれている文章の分かりやすさも重要です。Googleは機械的に判断していますから、仮にパッと見た印象に違和感がなかったとしても、機械的に読み取った時に不自然な文章は評価を下げる要因となります。

不要に散りばめられたキーワードは目の不自由な方が用いるスクリーンリーダー(画面読み上げソフト)で読み上げた時に、煩わしいものにもなります。Googleにとって分かりやすいと評価されるかどうかは、この観点で考えてみると良いです。

他のサイトと重複している

上記のようなことが見当たらないのになぜかサイト全体の評価が上がらない場合は、まずこれを疑ってみるとよいです。悪意がないとしても、自社で作成した古いサイトが公開されたままになっているというケースも「あるある」です。他のサイトと重複していると、ユーザーはどちらを見ていいのかわからなくなってしまいます。仮に2サイトとも上位を独占して、内容が重複していた場合、ユーザーはどちらとも見た時に、結果的に得られる情報は1サイト分にしかならないので、徒労に終わります。

そういう、ユーザーのためにならないことは評価を下げられますし、ひどくなるとペナルティを与えられるリスクもあります。

他社のサイトの模倣になってしまっているというのは著作権的にも問題ですが、Googleからもペナルティを与えられます。

文字情報が少なすぎる

Googleは文字情報を読み取ります。画像には代替テキストを入れるという方法がありますので、そこは見られていますが、できればそれでもなく、通常のテキストで、しっかりと説明文が書かれていることが望ましいです。

一見、普通に説明されているように見えても、全てが画像になっているというケースがあります。これはGoogleからしてみると、「白紙」のような状態なので、評価されません。評価のしようがない状態です。

ユーザーにとって意味のあるページ数が少ない

サイトのテーマがニッチなところでうまくいっていれば、必ずしもページ数は多くなくてもターゲットワードで1位になることもありますが、ユーザーにとって価値あるページは多ければ多いほど強くなります。その意味で、Blogを書く、というのが有効となるわけです。ただ、ユーザーにとって価値のないページを増やせば評価が下がりますので、注意してください。また、テーマがバラバラだと、Googleはそのサイトが何の専門性があるのかが分からなくなり、何で評価するかで迷います。専門性を持つことも大事です。ここはドメインの持ち方の話とも関わってきます。ドメインの作り方について詳しくはこちらのページでご紹介しています。

まとめ

サイトの上位に上がらないよくある理由をご紹介しました。SEOの基本を知りたい方はこちらをご参照ください。具体的にどうすればよいか、無料で1回までご相談もお受けしていますので、ぜひお気軽にご相談ください。

著者のイメージ画像

BringFlower|稲田 高洋

2003年から大手総合電機メーカーでUXデザインプロセスの研究、実践。UXデザイン専門家の育成プログラム開発。SEOにおいても重要なW3Cが定めるWeb標準仕様策定にウェブアクセシビリティの専門家として関わる。2010~2018年に人間中心設計専門家を保有。その後、不動産会社向けにSaaSを提供する企業の事業開発部で複数サービスを企画、ローンチ。CMSを提供し1000以上のサイトを分析。顧客サポート、サイト運営にも関わる。2022年3月にBringFlowerを開業し、SEOコンサル、デザイン、ウェブ制作を一手に受ける。グッドデザイン賞4件、ドイツユニバーサルデザイン賞2件、米国IDEA賞1件の受賞歴あり。