Googleが公開しているSEO関連の資料の一つに、Google品質評価ガイドライン(General Guidelines)があります。このガイドラインの中に「Needs Met(ニーズメット)」が示されています。この記事では、Needs Met(ニーズメット)の考え方についてご紹介します。

Needs Met(ニーズメット)とは?GoogleのSEO評価基準の一つを解説

Needs Met(ニーズメット)とは

Googleが公開しているSEO関連の資料の一つ、Google品質評価ガイドライン(General Guidelines)は、以下の3つの構成になっています。

  1. ページ品質評価ガイドライン(Page Quality Rating)
  2. ユーザーニーズの理解(Understanding Search User Needs)
  3. ユーザーニーズを満たすかどうかの評価ガイドライン(Needs Met)

Needs Met(ニーズメット)は、この中の3つ目のガイドラインに当たり、ユーザーにとってどれだけ有益で、満足する内容となっているかを評価するものとなっています。

Needs Met(ニーズメット)の評価軸

次の5段階の評価軸が示されています。

引用:Google品質評価ガイドライン
項目 説明
Fully Meets(FullyM) ほぼ全てのユーザーにとって、他のページを見る必要もないくらいに、必要な情報がある。
Highly Meets(HM) 多くのユーザーにとって非常に有益で、ただし追加で欲しい情報を求めるユーザーもいる。
Moderately Meets(MM) 多くのユーザーにとって有益で、ただし多くのユーザーとって他にも欲しい情報がある。
Slightly Meets(SM) ある程度のユーザーにとっては有益な情報があり、検索キーワードとの関連性がある。ただしユーザーの満足には至らず、多くのユーザーは他にも欲しい情報がある。
Fails to Meet(FailsM) ユーザーにとって有益な情報がなく、ほとんどのユーザーは他に欲しい情報がある。

Needs Met(ニーズメット)の例

品質評価ガイドラインの中では、具体例がいくつか示されています。

Fully Metの例として、「●●の電話番号」というのがあります。試しに、「BringFlowerの電話番号」とGoogleで検索してみてください。開業して1年足らずのBringFlowerでこの結果を示してくれます。

Moderately Met~Highly Metの間の例として、「●●はどこ?」というのがあります。この検索に対して、文字だけで示している内容が該当すると書かれています。何故ならば、多くのユーザーは地図とより詳細な説明を求めるからだとなっています。

検索意図

Needs Metで高い評価を得るには、まず検索意図を知る必要があります。検索意図については、次の4つが4 new moments every marketer should knowで示されています。

  1. Knowクエリ(~を知りたい)
  2. Goクエリ(~に行きたい)
  3. Doクエリ(~をしたい)
  4. Buyクエリ(~を買いたい)

検索意図については以下の記事で詳しく解説しています。

検索意図の調べ方と考え方をつかんでSEO対策

Needs Met(ニーズメット)と検索結果順位(ランキング)との関係

Needs Met(ニーズメット)は、検索結果順位に大きく影響すると考えます。ただし、Googleの評価軸にはもう一つ、E-E-A-Tと呼んでいる信頼性を中心に置いたものがありますので、その点はご留意ください。

いくらページの内容がユーザーの検索意図にマッチしていても、その内容が真っ赤な嘘ではユーザーにとって有益どころか害となり得るので、極端な話そういうことです。

まとめ

Googleの品質評価ガイドラインの中で示されている評価軸、Needs Met(ニーズメット)についてご紹介しました。

著者のイメージ画像

BringFlower
稲田 高洋(Takahiro Inada)

2003年から大手総合電機メーカーでUXデザインプロセスの研究、実践。UXデザイン専門家の育成プログラム開発。SEOにおいても重要なW3Cが定めるWeb標準仕様策定にウェブアクセシビリティの専門家として関わる。2010~2018年に人間中心設計専門家を保有。その後、不動産会社向けにSaaSを提供する企業の事業開発部で複数サービスを企画、ローンチ。CMSを提供し1000以上のサイトを分析。顧客サポート、サイト運営にも関わる。2022年3月にBringFlowerを開業し、SEOコンサル、デザイン、ウェブ制作を一手に受ける。グッドデザイン賞4件、ドイツユニバーサルデザイン賞2件、米国IDEA賞1件の受賞歴あり。